配達記録郵便とは

クラフト封筒 長3 100枚入

ヤフーオークションなどでチケット類を売買した場合には、確実に相手方に届けたいものです。その時安くて便利なのが配達記録郵便です。
配達記録郵便とは、引き受けた時間(申込みをした時間)と配達状況(届いた時間)を記録してくれる郵便です。書留と同じように扱われるので普通郵便に比べて紛失リスクはかなり下がります。
また、差出人がちゃんと送ったのか、受取人にちゃんと届いたのかが記録され(受取時にはサインか印鑑が必要)、 インターネット上でも確認できるため、無賠償ですが最も手軽に利用できる郵送方法です。

配達記録郵便の利用方法

配達記録郵便は、ポストには投函できません。郵便局の窓口で手続きをしてください。
まず、郵便物は普通の郵便と同じように封筒に入れてください。郵便局の窓口で「書留・配達記録郵便物受領証」をもらって必要事項を記入します。差出人の住所氏名と、受取人の名前だけ記入すればOKです。郵便局員によっては、それをやってくれる方もいます。
申し込むと、局員の人が封筒にバーコードをつけてくれます(この番号で配達記録がわかる)。
郵便局から返される「受領証」には「引受番号」が記載されています。 郵便追跡サービスでこの「引受番号」を入力すると配達状況の確認ができますので、受取人の方に伝えておきましょう。

配達記録のメリット

・発送証明(出したよ記録)/配達証明(届いたよ記録)が得られる ・書留と同様に扱われるため、郵送事故の可能性がほとんどない ・休日でも配達される ・不在の場合、郵便局に夜間取りに行って受け取れる ・配達状況の追跡サービスが利用できる

スポンサードリンク

手続き時の注意事項

郵便局で手続き時に封筒の中身を聞かれます。「チケット」というと受理されない可能性がありますので、封筒の中身は「書類」と言いましょう。